東京出張マッサージ体験記ロゴ

「東京出張マッサージ体験記」は都内23区に出張可能な派遣型メンズエステをご紹介するサイトです。

“出張”って、ワクワクしますよね。

リモート会議ばかりじゃツマラない。社会人たるもの、東京に出張したらうまいものを食い、羽根を伸ばして遊ぶ――
それでこそ活力が湧き、充実した仕事ができるというものです。

そして、ハードワーク後の身体をリフレッシュしてくれるのはやっぱり【出張マッサージ】、これ一択!

テレワークが増えている昨今ですが、そんな今こそ疲れた日本に「活」を入れるためにも出張の復権を訴えたい。そんな思いから東京出張とメンズエステをこよなく愛する管理人がこのサイトを起ち上げました。

昨今、メンズエステが急増して、その人気がどんどん高まっています。
その要因は「今まで違う刺激が欲しい」という男性が増えているからだと管理人は考えます。

メンエス愛好者のイメージは、一般的には「癒されたい」「リラクゼーションを得たい」というものでしょう。
もちろんそれもあるでしょうが、その奥にはもっとガツガツしたものを感じるのです。

管理人の知人に無類の風俗好きがいますが、その男が最近メンズエステにすっかりハマっています。あんなにヌキが好きだったのになぜかと聞くと、彼はこう答えました。

「メンズエステは気持ちいいのがずっと続くのがいい。射精したら醒めてしまう風俗とはそこが違うんだよ」

この声はたぶんメンエス好きの真意を突いている気がします。
メンズエステはやはり男のパラダイス。そして店舗型とは違い、完全プライベートな個室でセラピストと二人きりの時間を過ごせる派遣型メンズエステこそ、明日への元気の源なのです!

当サイトで扱う派遣型メンズエステ(出張マッサージ)は風俗店ではありません。

風俗エステとメンズエステの違いは、初心者にはわかりにくいことと思います。

セクシーな衣装を着た女性セラピストが個室で二人きりになって、オイルまみれの全身マッサージ……。
もしかしたら性的なサービスもと勘違いしがちですが、風俗とメンズエステには明確な違いがあります。

まず、メンズエステでは女性セラピストが衣装を脱ぐことはありません。

風俗店と違い、メンズエステの女性セラピストは始まりから終わりまで服を着たままマッサージやリラクゼーションを行います。男性は服を全て脱いで紙パンツ一枚で施術を受けることになります。

また、メンズエステには抜きがなく、もちろん本番もありません。

まれに「抜いてくれた」「本番した」などのエピソードを聞きますが、それは完全な禁止行為。風俗店ではないため、そうした行為は厳禁です。

「過激なサービスはいらないけど、やっぱり刺激は欲しい」「日頃の疲れやストレスを解消したい。ついでにムラムラしたい」――そんな男性にはメンズエステが最適。ホスピタリティ精神溢れるセラピストが、あなたを夢心地に誘ってくれますよ。

当サイトの激押し東京出張マッサージ【ラグタイム東京】

東京出張マッサージ【ラグタイム東京】

ラグタイム東京 本日出勤のセラピスト