メンズエステ体験スパイダーロゴ
メンズエステ体験スパイダートップ
メンズエステのエロい女性セラピスト

メンズエステの楽しみのひとつ、それが紙パンツです。
以前よりも紙パンツの種類が増え、店舗ごとにカラーを打ち出してきています。
今や、紙パンツひとつとってもそのお店のこだわりや意気込みが分かる時代です。

では紙パンツにはどんな種類があるのか。代表的なレパートリーを紹介しましょう。

Tバックタイプ(ノーマル)

紙パンツの定番とも言うべき、ノーマルタイプのTバックです。
面積がかなり小さいため、初心者はこの紙パンツでも恥ずかしさを覚えるかも知れません。

このタイプは周囲がゴム製になっているため、股間をしっかりガードしてくれます。
大事な部分がはみ出さないため、セラピストにしっかり攻めてもらえるメリットがあります。
その反面、締めつけられる感覚が気になるという人もたまにいるようです。

Tバックタイプ(サイドオープン)

サイドがスカスカになったタイプのTバック。開放感を味わえるのが特徴です。
本来はブラジリアンワックスなどで脱毛する際にこの紙パンツを着用していました。
最近は色のバリエーションも増えて、黒、青、茶、ピンク、白など様々なカラーを楽しめます。
ピンクや白は透けやすく、マニアにとってはそこが逆にたまらないようです。

ストレッチ素材タイプ

少し厚めのタイツのような肌触りで、穿き心地がいい紙パンツです。
ストレッチ素材とは言え、全体的に伸びる感覚があるためそれほど窮屈ではありません。
股上がとても浅いので、施術が進むにつれて急所がポロリしそうなスリルがあります。
また、かなりの透け感があるため、ほど良い羞恥感が味わえます。

トランクスタイプ

面積が広く、女性用エステ店でも使われている男女兼用の紙パンツです。
大抵のメンズエステ店では、リンパを流す際などにハサミで切れ込みを入れて施術を行います。
切れ込みを入れる箇所は2箇所、3箇所など色んなバリエーションがあり、それがお店のカラーにもなっています。
店舗によってはハイレグ状にカットするケースもあるようです。

透けタイプ

形状はノーマルタイプと同様ですが、ノーマルタイプよりも少し小さめ。
オイルに濡れると透け透けになってしまうのがこの紙パンツの特徴です。

スライドタイプ

布地の部分がスライドするタイプ。かなりゆったり感のある紙パンツです。
布がスライドするとお尻もTバック状になってしまいます。

ブリーフ型

かなり大きめのブリーフ型紙パンツ。本来は男女兼用のエステで多く用いられました。
最近ではあまり見かけることが少なくなってきたようです。