東京出張マッサージ体験記ロゴ
トップページホテル日光館の出張マッサージ体験談
ホテル日光館
最寄駅 上野駅
宿泊料金 4,000円~
呼べる確率 88%
概要 レトロな作りですが、この立地条件でこの価格はレア。
お湯は帳場に沸いたのが置いてあり、お風呂(シャワー)は早朝にも利用可能。
連泊時に朝の清掃スタッフに言えばシーツ交換、タオル交換して貰えます。 フロントではwifiの利用も可。ちなみに門限はなく、かなり融通が利きます。

出張マッサージ体験談

笑顔でとても可愛いセラピストさんがやってきてくれた。

深キョンみたいなルックスとむちむちしたスタイルで「当たり」だと感じる瞬間。

ただ、メンズエステデビューらしく、終始緊張と戸惑いでずっとオロオロしていた
(そこがまた初々しく、可愛かったけど)。

スリッパも整えてくれて、気持ち良い。

名前名乗らず。イチャイチャなしで、すぐに料金の徴収。

初日なので、やはりだいぶテンパってるようだ。

「ここはオプションとかないんだぁ」と振って、やっとオプションの説明に。

ヘッドマッサージ、パウダーは勉強中でまだできないとのことだった。

カウンセリングシート。足湯の選択があったので「あり」をチョイスした。

「シャワーの準備をして来ますので、お着替えをお願いします」

「お着替えが終わりましたらタオルを巻いてドアをノックしてくださいね」

とタオルを手渡される。ここの流れはスムースだった。

シャワー室では、スポンジ、紙パンツの説明あり。丁寧。

ユニットバスなので狭いが、綺麗だし気持ちは良い。

キッチンで足湯を溜めているらしく、途中でシャワーの湯量が少し減った。

まあ、それほど気にならなかったが。

ノックで出ると、最初の衣装のまま女の子が立っていた。

ソファーへ座る。スペースがあるので湯船は置ける。

女の子はマットの上に少し半身で乗り、ナナメから足マッサージのアプローチ。

足湯は丁寧で上手。気持ちいいと思えるレベルだった。

終了後、マットうつ伏せへ案内された。

ソファーで横に座ることも、手と手の接触もなく、ここまでイチャイチャ感はゼロ。

うつ伏せ体勢で頭上部から、膝立ちで、肩のマッサージからスタート。

ドライなし。オイル温度適切。見上げると、パンツがうっすら目に入った。

「エッチだね」と言ったら彼女「これ、"お店"のパンツ」だって。正直だ(笑)。

スパイダーの時見たが、パンツはフルバックのダブダブで色気はなかった。

指圧はまあまあ上手。力の加減も良い。指の使い方も上手く、気持ち良かった。

次に身体を離して回り込み、通常の体勢から背中のマッサージ。

手のひらを使いながら上手にやってくれる。

ここで「あっ」と言って、着替えていないことを思い出したようだ。

部屋の隅に行って、着替えてくる。この間の時間がもったいなかった。

背中、お尻ときて、足へ。

マッサージのコツは掴んでいるようで気持ち良い。

ここで、動きが止まる。

えっと、えっとと固まっている。次に何やるんだっけ?と独り言。

可愛い素振りがあるからまだ許せる。

聞けば、時間がなくて講習でここまでしかやっていないとのことだった。

あ、そうだと、うつ伏せマーメイドの体勢に。

むっちり太ももで大変気持ちが良い。

また、考えてからカエル足へ。鼠径部周辺へも深くアプローチしてくる。

四つん這いのお伺いもあった。

ただ、密着感なし。もっとおっぱいを押し付けるようにした方が良い。

仰向け体勢へ案内。

まくらを外し、太ももに顔を挟むような感じひざまくらへ。

首、肩、胸のあたりを中心にマッサージ。

乳首は特に避けるが、お客の反応をもっと見ても良いのではないかと思った。

この辺りで、もっとこうして欲しいとリクエストをしてみた。

大きなおっぱいで、窒息させて欲しいとか。

そうしたら、片方づつ順番にぎゅっとおっぱいスタンプしてくれた。素直だ。

次にやることを完全に忘れたみたい。止まってしまった。

他店でも、そのまま69みたいなのがあるよと教えてあげる。

スパイダー。やはり慣れていないのか、足を撫でるだけで普通だった。

「ここで時間になってしまいました」とコール。

抱き起こしなし。ハグなし。なので、自分で身体を起こして終了。

当サイトの激押し東京出張マッサージ【ラグタイム東京】

東京出張マッサージ【ラグタイム東京】

ラグタイム東京 本日出勤のセラピスト