東京出張マッサージ体験記ロゴ
トップページ天然の騎乗位マッサージは危険な香り
ホテルマイステイズ五反田駅前
【今回使用したホテル】
最寄駅 五反田駅
宿泊料金 6,000円~
呼べる確率 96%
概要 全国に展開しているマイステイズ・ブランドなので安心。
山手線「五反田」駅西口から徒歩でたったの30秒。
夜遅いご到着でも安心です。
JR利用で渋谷へは7分、品川へは5分。羽田空港やTOCへも好アクセスで便利です。

性地・五反田でセラピストの疑似騎乗位に興奮!

その日の小生は五反田のホテル「マイ〇テイズ五反田駅前」にいました。

五反田は小生にとって第二の聖地(性地?)なのであります。

なぜなら小生は自他ともに認める「M」。マニア風俗のメッカとして知られる五反田は通い慣れた地でもあるわけです。

でもって、小生が滞在した「マイ〇テイズ五反田駅前」。このホテルって出張向きなんですよね。

まず、フロントスルー可能(これは必要最小条件)。

しかもエレベーターにもカードキーが必要ないから、わざわざセラピストをお迎えする必要なし。素晴らしいホテルなんです。

当日リクエストしたセラピストは『ラグタイム東京』の宇佐美ゆりさん。

23歳、身長156cm。スリーサイズはB87(F)/W57/H85。いつものように細身+巨乳という小生のストライクゾーンです。

お願いしたのは90分コース。オプションも可能だというので、「パウダー1,000円」「衣装チェンジ2,000円」をプラスしました。

そわそわしながら待つことしばし。宇佐美さんは時間ぴったりにやってきました。

「こんにちは。今日はお呼びいただき、ありがとうございます」

ニコニコ愛くるしい笑顔を振りまきつつ、寄り添うように近づいてきてご挨拶。

ゆっくりとした喋り方が癒しオーラたっぷりで、第一印象◎です。こちらに積極的にハグしてきたりするところも愛嬌があって可愛らしいんですね。

ご挨拶を済ませると、お店に入室のLINE報告をする宇佐美さん。サービスの流れもスムーズです。

程よいタイミングでシャワーセット(スポンジ、マウスウォッシュ、紙パンツ)を手渡してくれて、シャワー案内へ。

その間に「ベッドのセットをしておきますね」と声掛けしてくれるのもグッド。

ちなみに、シャワーから出るとスリッパがきちんと揃えられていたところも嬉しいポイントでした。

さらに嬉しくなるポイントがもう一つ。

シャワー室を出ると、すでに薄暗くなったお部屋とセクシーなベビードール姿で恥ずかしそうに佇んでいる宇佐美さん。

「行きましょうか♪」

小生と手を繋いでベッドに誘導してくれる彼女。いい…いいです、この流れ。甘いムードに施術への期待がグッと高まります!

掛け布団の上にはすでに枕、タオルがセットされていました。ふと気が付けば、ゆったりしたBGMも流れているではありませんか。

聞けば自分のスマホで環境音楽を再生しているそうで、そういう細やかな気遣いにも胸(と下半身?)が熱くなっちゃいます。

施術はうつ伏せからスタートしました。

たっぷりのパウダーで、背中からお尻と足にかけてマッサージ。

これがまたお上手。手のひらや爪、指を巧みに使って入念に揉みほぐしてくれます。

特によかったのが4TBでのパウダー。ハイハイポーズになった小生に背後からしがみついてのSKBマッサージ。

手が上から下から蠢くたびに柔らかなFカップがお尻にぷにぷにと密着するのが心地いい。これは初めての経験でとても感激でした。

お次の仰向けマッサージも胸、お腹、鼠径部、足ときっちりこなしてくれました。

彼女の動きは天然なのか計算なのか、時々「騎乗位」のような体勢になるんですよね。危険な香りがしてドキドキさせてくれます。

あ、そうそう。疑似騎乗位(?)での施術中、彼女の黒い下着にパウダーがついているのを発見しました。

気になったので指摘してあげると「お店の下着だから大丈夫」だって。

できればウソでも「自前」と言ってくれたら嬉しかったのに正直者だな(笑)。性格のよさがこんなところからも伺い知れますね。

15分ほどでパウダーが終了すると、再びうつ伏せになってオイルマッサージへ。

いきなりオイルを塗るのではなく、タオルを背中に乗せてドライから始めてくれます。

先ほどのパウダーとは打って変わって、今度は力を入れたマッサージ。体重のかけ方がとても上手い。

手だけでなく腕全体を使ってくれて、一生懸命さが伝わってきます。

動きはゆったりめで、ストロークが大きいせいか優雅な気分♪

しかも、体型がむっちりしていて柔らかいので、身体を包まれる感覚もベリーグッドでした。

どうしてそんなに上手なの? 経験あるでしょ――と褒めると

「両親とかにマッサージしてあげると喜んでくれるから、マッサージが好きなんです」

よくできた孝行娘だな~。しかも健気じゃないですか。思わずもっこり……もとい、ほっこりするなあ。

出張ってことでちょっぴり気が大きくなった小生、さりげなくタッチしてみると、太ももまでは自然に触れました。

寛容度は「まずまず」ってところ。よ~し、じゃちょっとオイタを――。

と、ここでスマホのタイマーが鳴ってまさかの時間いっぱいに。え? 痛恨の時間配分ミス?

調子に乗りすぎた小生にも非があるけど、仰向けなしはちょっと残念。「開放」はメンズエステのメインなのに~。

やんわりと抗議すると、困った顔をして「ほんの少しなら」とスパイダーをサービスしてくれました(時間にして5分ぐらい?)。

Tバックのお尻が綺麗で、しかもアソコを鼻近くまで持ってくるので短い時間でもなかなかの興奮度でした。

【総評】

スパイダーの後、抱き起こしからハグ10秒で終了となってシャワーへ。

最後の最後まで丁寧なご挨拶と気持ちのこもったお別れのハグをしてくれて、結果的には満足できる内容だったかな。

それにしても宇佐美さんはお仕事に一生懸命なセラピストさんだったなあ。またいつか呼んでみたいものです。

いや~、出張マッサージっていいものですね♪

当サイトの激押し東京出張マッサージ【ラグタイム東京】

東京出張マッサージ【ラグタイム東京】